S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイク / 楡周平



◆フェイク / 楡周平◆

岩崎陽一は、銀座の高給クラブ「クイーン」の新米ボーイ。昼夜逆転の長時間労働で月給わずか15万円。生活はとにかくきつい。そのうえ素人探偵とは誰にもいえない。
ライバル店から移籍してきた摩耶ママは同年代で年収1億といわれる。破格の条件で彼女の運転手を務めることになったのはラッキーだったが、妙な仕事まで依頼されて…。
情けない青春に終止符を打つ、起死回生の一発は炸裂するのか。抱腹絶倒の傑作コン・ゲーム。

商品詳細を見る

「にれ しゅうへい」と読むそうです。普段見ない漢字なので、今回調べて知ったのですが。
独特のテンポのよさがあり、一気に読み進めることが出来ました。しかし、内容はいかにも娯楽小説といった感じ。(もっとも、小説自体娯楽といえるかもしれませんが)

新米ボーイの主人公と大金持ちのママとの対比がされつつ、最後に主人公がママを出し抜くあたり、タイトルの「フェイク」という言葉がうまいと思いました。
それまで主人公とママは協力関係にあったため(といっても、主人公がママに使われていたという感じですが)、「出し抜く」という行為が「人間関係において気を抜いてはいけない」ということを示唆しているように感じられるからなのですが。
主人公とママたちが他の人間を出し抜いていった後のことなので、作者の皮肉が込められているのではないでしょうか。

「フェイク」という言葉の意味として、「虚像」「虚栄」「誤魔化し」など、「虚」に関わるものが多く出てきますが、作品のしたたかさにうまくマッチしているように思います。
全体的に、無闇やたらと人を信用せず、自分の頭で動くべきだという主張が感じられましたが、内容が比較的ライトなので、深読みのしすぎかもしれません。
スポンサーサイト
livedoor BOOKSの品質は悪い | HOME | さらわれたい女 / 歌野晶午

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。