S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京下町殺人暮色 / 宮部みゆき



◆東京下町殺人暮色 / 宮部みゆき◆

13歳の八木沢順が、刑事である父の道雄と生活を始めたのは、ウォーターフロントとして注目を集めている、隅田川と荒川にはさまれた東京の下町だった。
そのころ町内では、“ある家で人殺しがあった”という噂で持ち切りだった。はたして荒川でバラバラ死体の一部が発見されて…。
現代社会の奇怪な深淵をさわやかな筆致で抉る、宮部作品の傑作、ついに文庫化。

商品詳細を見る

宮部さんの作品の中では、今ひとつといった感じでした。
そこまでじっくり読まなくても、展開が読めてしまいます。誰が犯人なのか、誰がどう関わっているのかなど、100%はわからなくても大まかな予想が付いてしまったのは少々残念。
また、主人公にあたる順が、13歳にしては随分と大人びている……というか、人間らしくないのも気になりました。大人びている子も確かにいますし、そういう風に解釈すればいいのかもしれませんが、「現実にいなさそうだよな」という感触が常にあったのが印象的です。

キャラクターの書き込みは、どの人物も浅い。
登場人物を増やしすぎた感じが否めませんでした。そのため、必然的にひとりひとりにページ(内容)を割けなくなったのだと思います。
だいぶ古い作品なので仕方がないといってしまえば、それまでなのかもしれませんが、最近の作品も昔の作品も平等に評価するならば、少々残念なところではあります。

しかし、相変わらず問題提起されているところはよかった。
「想像力」の欠如した若者たち……という点を強調されていましたが、その具体例として(象徴として)挙がる登場人物は、現実にもいそうで薄ら寒いものを感じました。
もちろん、若い人全ての想像力が欠如しているとは描かれていません。ちなみに、自分も確実に「若い人」の部類に入るため(むしろそれ以下かな)、その点はホッとしています(笑) 想像力のある「若い人」の象徴として、主人公の順や、その友人が描かれています。

批判的な内容を前面に出しつつ、陰ながら肯定的な内容を存在させることで救いを生み出す、そういう手法なのかもしれません。こういう、一見絶望的な様相でありながらも「救い」を残す宮部さんの作風が感じられた点はよかったです。
スポンサーサイト
とり残されて / 宮部みゆき | HOME | livedoor BOOKSの品質は悪い

Comment

参考になりました!ありがとうございました^^
2009/06/25 07:58 | URL | 蓮868 #nHM1tWds [ Edit ]
Re:
コメントありがとうございました。参考になったようで幸いです。
2009/06/25 20:21 | URL | 篠(管理人) #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。