S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白 / 湊かなえ



◆告白 / 湊かなえ◆

愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。
第29回小説推理新人賞受賞。

商品詳細を見る

2009年本屋大賞を受賞した作品ということで、書店でもプッシュされているのをよく目にします。
確かに面白い作品であることは間違いないのですが、果たして本屋大賞を受賞するほどの作品であるかというと、少々疑問に思わざるを得ません。本屋大賞の選考基準がわからないので、あまり偉そうなことは言えませんが、読み手を選ぶこの作品を選んだ意図はどのようなところにあったのだろうか、読後も疑問です。

娘を生徒に殺された、中学校の女性教諭が復讐をする話……大まかに言ってしまえば、そんなところです。
複数の人間が一つの事件に対して語っていく、というシナリオは面白かった。しかし、面白かったのはあくまで手法であって、その内容は現実性の感じられないものでした。
たかだか中学生が、ある仕掛けを施した爆弾を作るという部分があったのですが、それには特に疑問を感じました。果たして、いかに才能のある中学生だったとしても、そう簡単に(仕掛け付きの)爆弾を作ることができるだろうか、ということ。
そういった、現実性のない設定が多く見られ、ストーリーを盛り上げるという意味では一役かっているのかもしれませんが、読後に冷静に考えてみると、いくつか疑問がわき上がってきます。

しかし、話・文章に求心力があることも確か。
読んでいる最中は細かな疑問などを抱く間もなく、話の展開を折ってしまいました。いろいろと疑問が湧いたのは、あくまで読後に考えてみた結果ですので。
そういった意味で、娯楽性の強い小説だとは思います。

子を殺された親として、中学生に対しても残酷なまでの復讐をする女性教諭は一見恐ろしいように思えますが、子を理不尽な理由で奪われた母親であることを考えれば、納得はいきました。
我が子を殺されたというのにもかかわらず、あんなに冷静に復讐できるのか……そう考えると、非常に薄ら寒い思いを抱きますが。
大事な人間に対する固執という点において登場人物の多くが似たような思いを抱いており、その描き方は残酷な切り口なれど、思わず頷いてしまいました。描き方の問題で、思い自体は身近なものですしね。

全体的によくできた小説だったと思いますが(一部疑問点は残るとして)、一つ不満があったので、書いておきます。

女性教諭の復讐方法として、HIV(エイズ)関連のものがあります。
その描き方が非常に安易だったのが気になるところです。現在HIVは、多量の投薬が必要ながらも、一般的な生活を送れることができるようになってきていると聞きます。
しかし、作品では、HIVにかかったら死が決定する……そんな偏見ばかりが描かれていました。その偏見は子供たちが抱くものなので、仕方がないといえば仕方がないのですが、やはり、間違いを正しておかないと(どういった形でも、作中で)この本を読んだ人に誤った印象を抱かせる可能性があるように思います。
そういった意味で、今まで偏見に溢れていたHIVという病気を、安易に描くべきではなかったのではないでしょうか。
もっとも残念な点です。
スポンサーサイト
慌てて注文 | HOME | 楽天BOOKS キャンペーン情報

Comment

TBありがとうございました
HIVについては小生は触れませんでしたがたしかに問題なのです。その観点からの批判が当然に出てくるのかなと思いましたがいまだにありません。不思議です。
現実性がないというのもその通りですね。
2009/06/29 12:32 | URL | よっちゃん #8gsBqL4Q [ Edit ]
Re:
よっちゃん様
本屋大賞をとるということは、やはり色々な人の目に触れるということですから、HIVについて安易な書き方をしているこの作品を受賞させてよかったのか、疑問でなりません。
HIVについての観点から批判が出ないのは、世間からのHIVに対する認識がまだまだ身近ではないせいかもしれませんね。
現実性の無さを悪い方向に使われたのが残念でした。
2009/06/29 21:33 | URL | 篠(管理人) #- [ Edit ]
こんいちは。
私も「告白」読みました!個人的には次作の「少女」のほうが良かったです、、、
これから「贖罪」読むつもりですが、ちょっとハイペース過ぎるのが気になりますね。またお邪魔致します。
2009/06/30 13:55 | URL | さるっち #- [ Edit ]
Re:
さるっち様
こんばんは、コメントありがとうございます。
「少女」ですか、文庫化されたら読んでみたいと思います。
確かに刊行ペース早いですね。質が落ちないことを(といっても、「告白」の質が高いとは思えませんが)
願います。
2009/06/30 21:29 | URL | 篠(管理人) #- [ Edit ]
こんばんは。
先ほど、『三四郎はそれから門を出た』にTB&コメントさせて頂いた時に、『告白』のタイトルが目に入ったので、今度は私からTBさせて頂きますね。
一つ何かが狂ったら、自分の身の回りでもこんなことが起きるのではないか。そんな衝撃がありました。
もしかすると、物語と同じぐらいの田舎度の街に住んでいるせいかも知れません。

2009/07/02 21:32 | URL | 水無月・R #- [ Edit ]
Re: タイトルなし
水無月・R様
こんばんは。
TBありがとうございます。丁度いいタイミングで目に入ったようで、よかったです(笑)
確かに、あるかもしれない状況なのかもしれませんね。細部で有り得ないだろうという感触はありましたが、もっと些細な出来事で、こういったことが起こる可能性はあるのかもしれません。。。
やはり、読み手の環境によって印象も変わってくるものなんですね……。なんだか面白い。
2009/07/02 21:56 | URL | 篠(管理人) #- [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/03 23:28 | | # [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

装幀は片岡忠彦。第29回小説推理新人賞の「聖職者」に、追加掲載と書き下ろし。 終業式の日、教師森口悠子は生徒たちに、校内で亡くした娘...
2009/06/28 02:17 | 粋な提案
告白湊 かなえ双葉社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『告白』を紹介します。デビュー作の割には読ませる文章力があるし、第1章の衝撃の告白「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。」以降どうなるのかなと思いながら読むことがで...
2009/06/28 02:25 | itchy1976の日記
「告白」湊かなえ 双葉社 2008年 今年最大の収穫だとか、とにかくやたらと評判がいい(モノに限ってロクなモノがないことよく知っている)信頼できる腐女子兼本読みのB子が「これは面白いよ!読んだ方がいいよ!」と言うので読んでみた。 中学1年の終業式の後の教室に...
2009/06/29 11:42 | ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。