S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラス張りの誘拐 / 歌野晶午



◆ガラス張りの誘拐 / 歌野晶午◆

「私は断じて愉快犯ではない」―世間を恐怖に陥れている連続婦女誘拐殺人事件。少女惨殺の模様を克明に記した犯行声明が新聞社に届けられた。ところが、家族や捜査陣の混乱をよそに、殺されたはずのその少女は無事戻り、犯人とされた男は自殺、事件は終結したかに思われた。
しかし、事件はまだ終わっていなかった。捜査を担当している佐原刑事の娘が誘拐されたのだ!しかも、犯人は衆人環視のなかで身代金を運べと要求する…。
犯人の目的はいったい何なのか?刑事たちを待ち受ける驚天動地の結末とは!?
偉才が放つ奇想のミステリ。

商品詳細を見る

話の展開としては決して悪くないのですが、読んでいる最中に、誰が犯人かわかってしまいます。連続ドラマのゲストが、犯人と何らかの関係がある、というような法則と似たような感じで、明らかに違和感のある人物がいるためかと。
そういった意味で、犯人が誰かという点については、一切面白みを感じない作品でした。

トリックに関してですが、これも、それほど引き込まれるものはない。
失礼な話ですが、歌野さんの作品における目玉はトリックに尽きると思うので(つまり、主題などは一切感じられない小説であるように思います)、それがお粗末だと、必然的に作品の評価も下がってきます。
しかし、全くつまらないかというとそうでもなく、時間を潰すのに読む程度の感覚ならば、それなりに楽しめる展開でした。

犯人・トリックに関してはあまり面白みを感じられない内容でしたが、最後まで動機が予測できなかったのはよかった。
しかし、よかったのはあくまで「予測できなかった」ことであり、動機の内容はあまりにもヒドイ。こんなに適当な動機も珍しいのではないか、と思わざるを得ません。
とても些細な動機なのにも関わらず、犯人の起こした事件は非常に大きなもの……そのバランスに非常に違和感を覚え、納得いきませんでした。これはあくまで推測ですが、話の展開・トリックを先に考え、動機は後付で適当に考えたのではないでしょうか……。
悪い意味で、驚かされることになるでしょう。

作品によって当たり外れの大きい歌野さんの作品ですが、これは間違いなく、外れに分類されると思います。
スポンサーサイト
蛇にピアス / 金原ひとみ | HOME | 慌てて注文

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。