S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三四郎はそれから門を出た / 三浦しをん



◆三四郎はそれから門を出た / 三浦しをん◆

それでも本から離れられない。人気作家にして筋金入りの活字中毒者、三浦しをんの秘密の日常。
初の、ブックガイド&カルチャーエッセイ集。朝日新聞の人気連載、『anan』のカルチャーコラムも収録。

商品詳細を見る

機能に引き続き、しをんさんの本を読み終わりました。この本は一昨日から少しずつ読み進めていましたが、ちょっとした息抜きにいいかと思います。
しをんさんのブックガイド&カルチャーエッセイということですが、要は、しをんさんが好きな本を紹介しつつ自分の日常について言及している本です。

雑誌などで連載したものが多く掲載されており、一つ一つの本紹介は短いですが、読む気にさせてくれました。写真集や詩集など、普段全く興味のないものについても「読もうかな」と思ったので、なかなか吸引力がある内容だと思います。
なんというか、明かすべき部分とそうでない部分のバランスが非常にいい。しをんさんが微妙に明かしてくる部分に興味をそそられるのですが、みっちりと書いてあるわけではないので、どんな内容だろうと気になるんですね。なんと、一つ一つの本紹介は、約2ページから3ページほど。
それだけの短い内容(しかも、その中で2作品ほど触れていたりする)なのに、読者の購入意欲をそそるとは……。出版社としても、結構ありがたかったのでは?笑

こうして一冊の本にまとめてあると、読みやすくていいですね。雑誌掲載時に読んだという方も、通して読むと違った発見があったりすると思います。
所々しをんさんのエッセイ、日常に触れているものが掲載されているので、二重にお得です。筆者に親近感が涌くと、作品にもより興味が出てきますし。
ちなみに、自分はしをんさんの弟の話が大好きです。なんだかすごくうらやましい……のかそうじゃないのかよくわかんない関係(笑) でも、しをんさんと弟の、付かず離れずな距離感はやっぱりうらやましいかな。

自分は本選びの指標としても利用するつもりですが、単に読み物として読んでも面白い内容でした。また、本選びのために読んでみようかという方にも、参考になるかと思います。
ちなみに、最後の最後でしをんさんの部屋が明かされます……!といっても、イラストだけなのですが、壮絶なのはよく伝わってきました……。押し入れの中の凄いこと凄いこと、びっくりです。
スポンサーサイト
世界の終わり、あるいは始まり / 歌野晶午 | HOME | 私が語りはじめた彼は / 三浦しをん

Comment

初めまして、トラックバック、ありがとうございました。
【蒼のほとりで書に溺れ。】の水無月・Rと申します。
しをんさんの弟さんのお話が面白くて、とてもツボでした♪
2009/07/02 21:24 | URL | 水無月・R #- [ Edit ]
Re: タイトルなし
水無月・R様
初めまして、コメントありがとうございます。TB、迷惑でなかったら幸いです^^;
ブタ呼ばわりされているしをんさん……想像すると面白いです(笑) なんだかんだでアットホームな家族みたいで、ちょっとうらやましいです^^
2009/07/02 21:54 | URL | 篠(管理人) #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

三浦しをん氏の「三四郎はそれから門を出た」です。 この本はおもに、三浦氏の「活字中毒」っぷりを描いたエッセイです。 本に関するエッセイを依頼されることが多いという三浦氏。 それらを一冊にまとめたこの本は、ブックガイド的役割もあります。 私にとっちゃあ、...
2009/07/02 17:22 | 『ならうよりなれろ!!』
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。