S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盤上の敵 / 高村薫



◆盤上の敵 / 高村薫◆

我が家に猟銃を持った殺人犯が立てこもり、妻・友貴子が人質にされた。
警察とワイドショーのカメラに包囲され、「公然の密室」と化したマイホーム!
末永純一は妻を無事に救出するため、警察を出し抜き犯人と交渉を始める。はたして純一は犯人に王手をかけることができるのか?
誰もが驚く北村マジック。

商品詳細を見る

高村さん初読でしたが、この作品は今ひとつでした。「リヴィエラを撃て」など、他に面白い作品があるようなので、今度はそちらを読んでみたいところです。
この作品は人間の「理由無き悪意」を描いているそうですが、高村さんが本当にそれを描きたかったのかどうか、ちょっと微妙なところ。描き切れていない感じがありました。

というわけで、一重に不満だったのは、「理由無き悪意」について。
もちろん、そういった物は確かに存在するのでしょうが、この作品は全てそこに帰結してしまうので、スッキリとしない気持ち悪さを感じました。
事の発端も事件の終わりも、全て「理由無き悪意」に結びつく……。主題としてはよかったと思いますが、ミステリーに絡めてくると、描くのは難しかったんじゃないでしょうかね。
無理にミステリーとして描くのではなく、もっと身近な、日常の話などで描くには、いい題材だったのだだろうと思います。

作品内で用いられているトリックは、なんとなくではありますが、看破できるかと思います。
ただ、ある程度わかっていても驚かされたので、そういう意味では面白いかもしれません。東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」に通じるトリックでした(全く一緒じゃないですけどね)

主題とトリックを大事にしつつ、ミステリーを描く。
この小説は、両方を重視しすぎて、両方とも稚拙になってしまった感じが否めませんでした。片方だけでも物足りないけれど、欲張ってもダメ。バランスが大事なのかな。
スポンサーサイト
また注文 | HOME | 世界の終わり、あるいは始まり / 歌野晶午

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。