S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まほろ駅前多田便利軒 / 三浦しをん



◆まほろ駅前多田便利軒 / 三浦しをん◆

まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。
駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、納屋の整理etc.―ありふれた依頼のはずがこのコンビにかかると何故かきな臭い状況に。
多田・行天の魅力全開の第135回直木賞受賞作。

商品詳細を見る

しをんさんが直木賞を受賞した作品です。同年に「風が強く吹いている」も発売されていますが、両方ともかなりオススメ。

メインの二人、脇役の何人かの顔ぶれが変わらないので長編のような感じはしますが、実際は短編集といった感じでしょう。短編同士が絡まって、一つの長編になっているというか。
便利屋に持ち込まれる依頼を解決していくという流れです。
日常に起こりうる出来事から問題提起し、それの解決・答えは読者に任せる、というスタンスが感じられました。押しつけがましくないこのスタンスは、「月魚」などでも見られて、自分は結構好き。

上辺だけを読むと、内容がない・ライトすぎる・これが直木賞受賞作品なのか?、などの感想が挙がってきそうな面はあります。
しかし、作品をただ「追う」のではなく「思考」しながら読むと、しをんさんがテーマを持って描いていることが見えてくるかと思います。そのあたりは読み方の問題となりますが、主題がある小説が好き、という方なら問題ないのではないでしょうか。

キャラクターへの愛情が伝わってきて、作品内の光景も浮かんできます。
描写が丁寧なのもあるとは思いますが、「作品の空気」を作り上げるしをんさんの文章構成が大きいのでは。

一見ライトな作風の中に度々見られる、「失ったものは戻らない」といった描写は、当たり前でありながらもなかなか描ききれない事実。
軽そうな調子に埋もれさせながらも、所々、厳しいテーマを率直に描いています。

「まほろ駅前番外地」という番外編があるらしく、それの連載も終了したようなので、単行本化が楽しみなところではあります。
スポンサーサイト
好きな作家と緊張感 | HOME | 妄想炸裂 / 三浦しをん

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。