S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スローグッドバイ / 石田衣良



◆スローグッドバイ / 石田衣良◆

「涙を流さなくちゃ、始まらないことだってあるんだよ」。恋人にひどく傷つけられ、泣けなくなった女の子。彼女に青年の心は届くのか(「泣かない」)。
上手に別れるため最後にいちばんの思い出の場所へいく。そんな「さよならデート」に出かけたふたりが見つけた答え―(「スローグッドバイ」)
など普通の人たちの少しだけ特別な恋を綴った10篇。出会いから別れまでの一瞬一瞬をやさしく描く傑作短篇集。

商品詳細を見る

衣良さんの作品2作目ですが、やはり文章が好きになれません。比喩表現の用い方も、なんだか凄く安っぽく感じました。
ありきたりというか、「この表現だったらわざわざ入れなくてもいいだろう」というようなものが多かった。読んでいて、「表現」に笑ってしまうところが何カ所もありました。
後は、幼い文章が多いかな。文章の運び方として、もう少し工夫してもいいだろうと思ったりします。深みがない。

それはともかくとして、内容の方。
10編収録されているとのことですが、全体的に同じような話の連続でした。基本部分はどれも一緒で、ところどころ変えているだけ。そのため、一度に読む気はせず、何日もかけてようやく読み終えました……。
恋愛小説も短編も好きですが、同じような傾向で、異常な深さの「きみはポラリス」(→記事)に比べると、非常に稚拙。しをんさんが好きな作家ということで、贔屓目も含まれますが、それにしても差があります。
ただ、気が抜けるという意味ではそれなりによかった。テレビドラマをなんとなく見るような感覚で読める本でしたね。善くも悪くも、浅い。

少しずつ書きためていった短編集ということですので、内容が似たり寄ったりなのは仕方ないのかもしれません。読者としては、違った内容の方が嬉しいですが。

後、ほとんどの短編でセックスが関係してきます。これには正直笑いました。この人の恋愛って、セックスを描かないと成立しないのか、と。
もちろん、セックスによって男女の愛を確かめることはできるでしょう。そういう使い方もいいと思います。
しかし、衣良さんの描くセックスは、「性を描く=格好いい」という雰囲気が漂っていました。高い密度で。「自慰という言葉を用いてなにかを表現すると格好いい」と思っている人がいるのと似たような感じですかね。
本当に毎回出てきたので、面白かった。皮肉で。

とりあえず、表現の仕方(セックス云々も含め)が気にくわなかったので、話も霞んでしまいました。この短編集は似たような話が多いので、そのせいで霞んだのかもしれませんが。
スポンサーサイト
4冊購入!! | HOME | なにがなんだか。

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

石田衣良 『スローグッドバイ』(集英社文庫)、読了。 本作を絶賛されている読書ブログさんがいくつかあったので 試しに読んでみましたが...
2009/07/11 23:09 | 観・読・聴・験 備忘録
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。