S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔に降りかかる雨 / 桐野夏生



◆顔に降りかかる雨 / 桐野夏生◆

親友のノンフィクションライター宇佐川耀子が、一億円を持って消えた。大金を預けた成瀬時男は、暴力団上層部につながる暗い過去を持っている。あらぬ疑いを受けた私(村野ミロ)は、成瀬と協力して解明に乗り出す。二転三転する事件の真相は?
女流ハードボイルド作家誕生の’93年度江戸川乱歩賞受賞作。

商品詳細を見る

読み終わっている本は何冊かあるものの、感想を書く体力が涌いてきません……。暑さに負けているのかも。

村野ミロシリーズの1作ということで、結構期待して読みました。内容はなかなか。
「ハードボイルド」作品がどういったものを指すのかいまひとつわからないのですが、硬派な雰囲気は感じられました。端々に攻撃的な力強さが感じられ、読み応えがあります。
展開としては、だいたい誰が犯人か、などは予想がついてしまうかと思います。もちろん、細かなところでは二転三転するので息もつけない内容になっているのですが、大まかな人物関係はなんとなくわかってしまうんですね。だから、犯人を知ったときも「ああ、(やっぱり)そうか」という感じが。

自分としては、話の内容よりも人物描写の鋭さに意識を奪われました。登場人物を、決して冗長にはならない程度にしっかりと描いている。後で「どんなやつだったっけ?」と思い返すと、印象にぶれがないんですね。
また、強さも弱さも(あるいは、善い面も悪い面も)描いている点が非常に好きでした。主人公のミロについて言えば、主人公だからといって完璧な人間として描かず、むしろ、失敗ばかりするように描いている。必要以上に完璧にしないことで、登場人物一人一人がどことなく身近に感じられました。

内容以上に人物を重視しているのでしょうか。犯人も含め、一人一人に思い入れを持ちました。
スポンサーサイト
天使に見捨てられた夜 / 桐野夏生 | HOME | 秘密の花園 / 三浦しをん

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。