S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の雪 / 妻夫木聡、竹内結子



◆作品名 / 春の雪
◆監督 / 行定勲
◆出演 / 妻夫木聡、竹内結子
◆原作 / 三島由紀夫
◆主題歌 / 宇多田ヒカル 『Be My Last』

大正初期の日本を舞台に、貴族社会の中で翻弄される若い男女の悲劇的な運命を描いた、三島由紀夫原作の小説を映画化したラブストーリー作品。妻夫木聡、竹内結子ほか出演。特典映像を収録したディスク付きの2枚組DVD。

商品詳細を見る

GEOでレンタル100円セールをやっているので(8月31日まで)、数枚レンタルしてきました。
竹内結子さんが好きなので借りてきたのですが、主題歌も宇多田ヒカル(普段はHikkiと呼んでいますが如何なものか……)さんという、自分にとってはかなりおいしい組み合わせでした。
妻夫木聡さんは時々見かけるのですが(今はNHKの大河ドラマで見ますね)、なんとなく印象が薄いです……。ごめんなさい。『どろろ』の時は結構印象が濃かったんだけどなあ。

映像美に優れている、と言いますか、とにかく綺麗でした!(ちなみに、映像よりも断然文字の方が好きなので、映画のことなんて一切語れません……)
演出に凝っているのか、綺麗な事この上ない。
大正時代ということで、少しレトロな感じもうまく出ていました。

ただ、内容についてはなんとも言えません。
大正時代をよく知らないので、当時の身分制度云々などがわからず、少々置いてけぼり感がありました。予備知識がないとわかりにくいと思います。
原作は「輪廻転生」をテーマにした四部作のようですが、この作品だけ見たところ、「輪廻転生」というよりは「生まれ変わったらまた会いましょう」みたいなことしか感じられませんでした。似たようなものだとは思いますが、なんとなく、「恋愛映画」で終わってしまったのかな?という感じがします。
大正時代についての知識があり、原作も既読なら楽しめたのかも知れませんが、映画だけ見た場合はあまり面白くないかもしれません。
全ての原因は清顕の幼さが故にあるように思いました。19歳ということですが、あまりにも幼すぎやしないでしょうか。立場上我が儘邦題だったのかもしれませんが、自分には理解しかねました。これは、三島さんとの世代(時代)差もあると思います。
話の構図としては目新しさが無く(といっても、原作の方が最近の作品より先に発表されているわけですが)、掘り下げないと楽しめなさそうです。ここは原作を読んでみるべきか。

竹内さんは相変わらず綺麗でしたが、どうも、和装は似合わないような……。妻夫木さんは、少し演技がぎこちなかったような気がします。しかし、その辺はよくわからん。
どうでもいいですが、本多はゲイなのでしょうか??後半そればっかりが気になってしまいました。我ながら(自分という人間が)残念です。
後、シャムの王子の意味がわからん!彼らの存在意義ってなんですか!
妻夫木さんが脱ぎまくって、こちらはふんどしの構図が気になっているというのに(すいません、本気で気になっていました)、竹内さんが脱がないのは疑問でしたね……(脱いでほしいというよりは、展開として疑問)。

最後に主題歌について。
Hikki(やはりこう呼びますかね)の曲の中でも、「Be My Last」は特に好きな曲です。なので、曲に酔えました。歌詞は「春の雪」を意識しているようですが、彼女のことなので、それは表層的なものでしょう。
ただ、映画にあっていたかというと、少し疑問。サビの辺りで大正から平成に引き戻されます。それはそれでいいのですが、余韻に浸れる作りではないような気がしました。
スポンサーサイト
夢のような幸福 / 三浦しをん | HOME | ドラクエ9 購入&クリア

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。