S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のような幸福 / 三浦しをん



◆夢のような幸福 / 三浦しをん◆

欲望の発露する瞬間を考察し、友人と特異な「萌えポイント」について語り合う。伝説の名作漫画『愛と誠』再読でその不可解な魅力を再検証。世界の名作『嵐が丘』を読み乙女のテイストを堪能し、女同士でバクチクライブ旅。独自の見所発見の映画評、旅先の古書店の謎を探索。
物語の萌芽にも似て脳内妄想はふくらむばかり―小説とはひと味違う濃厚テイストのエッセイをご賞味あれ。

商品詳細を見る

どうも、一度サボり癖がついてしまうと復帰が大変です。何事も習慣化すると楽なのはわかっていても、なかなか難しい。
最近は(特に変わらず)桐野さんの本や、しをんさんの本を読んでいます。読み終わった本もありますし、映画も結構見ているので、ボチボチ感想を載せていく予定です。

しをんさんのエッセイは、これで文庫化されているものはほとんど読み終わってしまいました(もしかしたら全部?)。ハードカバーで出版されているものが文庫化されてくれるのを待つばかりです。他に読む本も溜まっているのですが。

このエッセイでも、相変わらず爆笑しました。何気ない日常のことでここまで笑わせるとは、さすが。
しかし、単に馬鹿話で終わっていない点が優れていて、随所でしをんさんによる作品分析・人間分析などが入ってくるのが、貪るように読んでしまう原因ではないかと睨んでいます。
ただ面白おかしく話を書くだけならば、誰でもとは言いませんが、得意な人に任せれば問題ないでしょう。やはりしをんさんのエッセイの魅力は、所々匂わされる、知的な側面のように思います。作品分析に関しては、作品・作者などに精通していないといけませんし、人間分析に関しては、観察力が必要でしょうから。

2002年から2003年頃の出来事について書かれているようです。
しをんさんのエッセイですが、特に読む順番を考えなくても楽しめると思います。ただ、自分は今度、時系列に沿って読み返してみようかと思っている次第……。
スポンサーサイト
ロマンス小説の七日間 / 三浦しをん | HOME | 春の雪 / 妻夫木聡、竹内結子

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。