S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

Search

Profile

篠

Author:篠

初めまして。一般小説の感想を掲載しています(別館ではBL小説・BLCDの感想を掲載しています)

好きな作家は、
・三浦しをん
・宮部みゆき
・福井晴敏
・綿矢りさ
などです(敬称略)

コメント・トラックバック・リンクフリーです。
リンクですが、ご一報いただければ相互リンクさせていただきます。

なにかご用件があれば、
ruin.blog★gmail.com(★を@に書き換えてください)
までどうぞ!

Recent Comments

Recent Trackbacks

Mobile

QRコード

Blog People

Free Space



PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

track feed / Blog

SEO対策 / 小説

User Tag *オススメ度*(★=1 ☆=0.5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマンス小説の七日間 / 三浦しをん



◆ロマンス小説の七日間 / 三浦しをん◆

あかりは海外ロマンス小説の翻訳を生業とする、二十八歳の独身女性。ボーイフレンドの神名と半同棲中だ。
中世騎士と女領主の恋物語を依頼され、歯も浮きまくる翻訳に奮闘しているところへ、会社を突然辞めた神名が帰宅する。不可解な彼の言動に困惑するあかりは、思わず自分のささくれ立つ気持ちを小説の主人公たちにぶつけてしまう。原作を離れ、どんどん創作されるストーリー。現実は小説に、小説は現実に、二つの物語は互いに影響を及ぼし、やがてとんでもない展開に!
注目の作家、三浦しをんが書き下ろす新感覚恋愛小説。

商品詳細を見る

またまたお久しぶりです。本は相変わらず読んでいて、映画も、GEOでレンタル100円セールをやっているので、結構見ています。なかなか感想をUPしていませんが、ボチボチあげていきますね。

作品内に翻訳小説が出てくる、ある意味二重構造的なストーリーになっています。
「現実は小説に、小説は現実に、二つの物語は互いに影響を及ぼし、やがてとんでもない展開に!」とあったので、読む前は、例えば翻訳小説の登場人物が出てくるとか主人公が翻訳小説の世界に入ってしまうとか、そういう展開なのかと少し警戒していましたが、別途に進行していったので、特に問題ありませんでした。
登場人物も、ストーリーも平凡ではありますが、展開のさせ方がうまい。それと、描き方が密なので、感情の動きが追えます。軽い調子で描きつつ、ところどころ、シビアな文章が紛れていたりするので、じっくり読むのがいいでしょう。
主人公は、エッセイから分かるしをんさん的な側面を感じさせました。ロマンス小説について分析するあたり、特に。

それにしてもしをんさん、語彙が豊富。
同じ内容を様々な角度から描くのは、結構難しいのではないでしょうか。一つのこと(文章・表現)にとらわれず、柔軟に視点を変えられる、そういうところが読んでいて面白かったです。
スポンサーサイト
インストール / 綿矢りさ | HOME | 夢のような幸福 / 三浦しをん

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。